2012年12月 4日 (火)

東京ゲームショウ2012 今年も8年連続で出展!!ゲームを学ぶ学生作品で実力を証明しました。

CAPCOM、セガ、ゲームフリーク、フロム・ソフトウェアをはじめ
本校ブースを来訪された企業数は100社を超え、
実践的な企業課題及びモバイルゲームへの取り組みを高く評価
sign01

P1_01_01
100社を超える企業が注目sign03

 9月20日~23日まで幕張メッセにて実施されたTOKYO GAME SHOW 2012gameは過去最多の総来場者数を記録した昨年を上回る、過去最多の22万3753人を記録しました。今年度は19の国や地域から、209社の企業、団体が出展。各社からの最新情報や自信作が次々に発表され、中でもスクウェア・エニックスブースでは、Wii U版『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』の発表や、カプコンの『バイオハザード6』や、セガの『龍が如く5夢、叶えし者』、KONAMIの『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』などの注目タイトルも目白押しでした。
 そんな中、ホール6の一角を占める「ゲームスクールコーナー」では、総勢30の大学・専門学校がブースを展開。次世代のゲーム業界を担うクリエイターの“イマ”を知ることができるコーナーとして注目eyeshineのスポットに。
 中でも、産学協同教育システムに注力する本校ブースでは人気オンラインゲーム「RED STONE」のイラストコンテストを開催しており、学生たちが制作した作品が彩る鮮やかなブースとなり来場者から注目を浴びました。今回の「TOKYO GAME SHOW 2012」では、株式会社セガ様よりご提供頂いた課題をはじめゲーム業界での活躍を目指す学生達の「企業プロジェクト」の取組みと成果が展示され、実際に採用された学生作品などがいたるところに展示され来場したお客様を驚かせたようです。
 さらに、CAPCOM、セガ、ゲームフリーク、フロム・ソフトウェアをはじめ本校ブースを来訪された企業数は100社を超えますup実践的な企業課題及びモバイルゲームへの取り組みを高く評価いただけた貴重な機会となりましたhappy01

shine東京ゲームショウで発表した作品shine

P1_01_02

|

企業プロジェクト

企業プロジェクトとは、実際の仕事の現場を通して実践力を研き、社会に通用する力を身につけ、業界で求められる人材を育成するための取り組みです。

bell学生が手掛けた作品がフィアットカフェを彩るsign01bell
buildingSivanS(株)提供プロジェクト

P2_01_01
  世界中で愛されるコンパクトカーを生み出しているフィアットクライスラージャパンと三井デザインテック株式会社とのコラボレーションによる「VIVA! COMPACT LIFE」が東京デザイナーズウィーク同時期にFIAT CAFFE(東京都港区北青山)にて開催されました。
 このイベントでは11組の若きクリエイタ—達が「コンパクト」なインテリアと車rvcarの新しい関係について様々なアイデアが詰まった作品を発表。このイベントに卒業生が活躍しているSivanS株式会社様からお話しを頂き、学生たちも店内を飾る作品制作を7月からスタートさせました。
 結果、エントランスファサード、店内のLEDウォール、ムービー、スタッフのTシャツデザイン、クッションやポスターなど多くの作品が採用となり、会場を飾っています。これら採用になった作品は10月5日から11月30日までFIAT CAFFEにて展示されています。クルマも、デザインも、インテリアも、もっと豊かで、もっと楽しく。学生たちが提案する「コンパクトライフ」を、ぜひ感じてください。 

P2_01_02

詳細はこちらでもご覧いただけますeye
pcFIAT CAFEEウェブサイトpc
http://fiatcaffe.jp/event/fiat%C3%97mitsui-designtec-viva-compact-life/

P2_01_03プロダクトデザイン専攻
佐川さん

今回は店内で流れるムービーとポスター制作を担当しました。このような大きなプロジェクトに参加出来たことや自分の作品を選んでいただけたことはとても良い経験になりました。

P2_01_04グラフィックデザイン専攻
山口さん


今回のプロジェクトではチームのリーダーを担当しました。クライアントからの急な変更やタイトなスケジュールの中でチームで作業することの大変さと大切さを学ぶことが出来ました。

bellライオン「部屋干しトップ」のパッケージデザイン&セールスプロモーション企画に挑戦bell
buildingライオン(株)提供プロジェクト

ライオン株式会社様より、「部屋干しトップ」のリニューアルパッケージデザイン&広告プロモーションの企業プロジェクトを頂き、滋慶学園COMグループ校のグラフィック系専攻・イラスト系専攻の130名が挑みました。
 誰もが知っているライオンの衣料用洗剤「部屋干しトップ」。ターゲットは、男女単身世帯、粉末タイプの箱型パッケージのリニューアルです。5月に、ライオン株式会社 宣伝制作室 斉藤様、長谷川様が各校にオリエンテーションに来られ、「部屋干しトップ」の特徴やパッケージの歴史、また歴代のCMも見せて頂きました。
 7月末の中間審査、9月末の東京での最終プレゼンを経て、グラフィックデザイン専攻2年の坂口さんが、見事最優秀賞shine受賞shineしました。つづいて、優秀賞に2名、特別賞に5名、審査員賞に3名の合計11名の学生が受賞しました。全校のグループ校参加の企業プロジェクトに挑んだ学生たち。業界が求める課題制作で、「勝てるデザイン」「売れるデザイン」を学ぶ機会となりました。学生たちも今後の作品制作のモチベーションがあがったのではないでしょうか。

P2_02

bellANA定時性向上キャンペーン  ポスター・プロモーション提案bell
building全日本空輸(株)提供プロジェクト

P2_03
  10月19日全日本空輸株式会社(ANA)様より、滋慶学園COMグループ校のグラフィックデザイン系専攻・イラスト系専攻の学生たちへ企業課題をご提供いただきました。
 ANAは2011年定時到着率世界1位に認定されました。定時運行を守るためにANAでは様々な取り組みを実施されています。その定時性を遵守するために、定時性向上にむけたキャンペーンポスターとプロモーション方法の提案が今回の課題。採用になった作品は全国の空港に掲示されます。この大きなチャンスを勝ち取るのは一体どこの学校でしょうか。ご期待くださいsign01

bell子供の教育のための絵本アプリ制作sign01bell
iPad用アプリとして無償配布
building(株)プライムラボ提供プロジェクト

P3_01
 株式会社プライムラボ様より、「子供の教育の為の絵本アプリ制作」の企業課題を頂き、グループ校全体で行われた全国規模の絵本プロジェクト。
 既成の童話を絵本にする部門とオリジナルの創作絵本を制作する2つの部門に、学生達が取り組みました。いずれの部門も、「絵本を通じて子供たちの知性を磨くために描かれたものを作る」という大変有意義な課題です。学生達は初めての“絵本”という課題に対し、一生懸命に取り組み、子供たちの為になるというエッセンスを入れることに工夫をこらして、こだわった作品を作ることに勤しんでいました。
 そして、努力の結果、コミックイラスト専攻の樋口さんが最優秀賞、コミックイラスト専攻の福田さんが優秀賞shine受賞shineしましたsign01学生たちが制作した絵本アプリは、11月から、iPhoneやiPad用のアプリとして無償配布されますsign01その際はみなさんも是非ご覧下さいhappy01

belliPhone向けゲームアプリを制作bell
厳しい審査をクリアし公開
building(株)アイフリーク提供プロジェクト

企業プロジェクト『iPhone向けゲーム開発』にて、FCAの学生が開発したアプリケーションが、なんと5作品もあのAppleのAppStoreにて公開されることとなりましたsign01
 このプロジェクトはゲーム系専攻の2年生が今年3月から制作を開始、9月にクライアント〔(株)アイフリーク様〕のプレゼンテーションを経て、大変高い評価を頂きました。その後クライアント様よりAppleのAppStoreへ申請していただけることとなり、プロでも簡単には通過できない大変厳しい審査を見事にクリア、この度正式公開の運びとなりました。また、これらのアプリは、先日行われた『TOKYOゲームショウ2012』でも公開され、来場者や関係各方面からも高い評価を受けております。

P3_02


bellRPGカードバトルゲーム キャラクターイラストデザインbell
選ばれた作品はGREEより配信
building(株)イメージサーカス提供プロジェクト

P3_03
 9月28日(金)、ゲームグラフィック&キャラクター専攻・PCゲーム原画家専攻1年生を対象に、株式会社イメージサーカス様から頂いた企業プロジェクトでのイラスト講評会が行われました。
 卒業生でもある株式会社イメージサーカスの代表野本氏には、今回の企業プロジェクトで3回目と幾度もご協力をいただいております。
 今回頂いた内容は、GREEより配信される株式会社イメージサーカス様の新開発のゲーム『世界サモナー組合』のキャラクターイラスト制作です。このゲームは、プレイヤーが召喚士となり、モンスターのカードを駆使して様々なクエストをクリアしていくカードゲームです。学生達は、今回の講評会で一人ひとりに作品のアドバイスやコメントをいただきました。デッサンの重要性やイラストを描く上で重要なポイントを教わり、他の学生のアドバイスも自分のもののように聞いていました。選ばれた作品は11月以降に配信される予定です。

bell地元被災地に明るさと元気をsign01壁画の原案から制作まで学生が手掛けるsign01bell
思いを込め…復興を願う作品を制作
building宮城県 亘理町役場 商工観光課 商工観光班提供プロジェクト

P4_01_01
ふるさと復興商店街壁画制作プロジェクトについて
 3.11東日本大震災で津波被害に遭った商店や事務所が、仮設店舗で事業の再開をしました。
 津波がこなければ、土地も家屋も失うことなく事業を続けたであろう商店や事務所が一同に集う商店街として新天地で事業を行い新たな再出発を図っており、馴染みのお客さんがひと目でわかる店構えは今はもうありません。仮設商店街がここにあるぞsign03頑張っているぞsign01といったインパクト重視の依頼をいただき取り組みました。
 作品テーマは「復興」「再起」「元気」「明るい」、イラストレーション専攻の学生が中心となり壁画の原案を制作。実際に壁画にする作品を亘理町役場 商工観光課 商工観光班より選んで頂き、選ばれた作品を基に皆で現場に出向き壁画を描きました。明るい元気な街に戻るように心を込めて。完成後は、地元新聞の取材を受け参加学生は感無量の様子でしたhappy01

P4_01_02

|

内定速報

あこがれの企業heart04に内定した先輩方の喜びの声や抱負などを聞きましたhappy01

fullmoon人気カードゲーム「ヴァンガード」を手掛ける会社に内定fullmoon

P4_01_2_2

 内定の決め手は、インターンシップ中に、自分のやる気をアピール出来たことだと自負しています。これも2年生の夏休みに実施されたインターンシップ先で、働くということを教わることが出来たからです。TCAでは技術や知識だけではなく、お世話になった先生方から好きなことを仕事にするために必要な心構えを学べたことが、この内定を頂けた土台となっています。とにかく自分が行きたいところがあるなら、全力でそこを目指すこと。この志を教えて下さったのは先生方です。この思いがあったからこの3年間を乗り越えられました。これからもこの思いは私を支えてくれると信じています。

P4_01_1_2
fullmoon3D作品と自己PR冊子が高評価fullmoon

P4_02_2

 元々、和ゲー(日本のゲーム)が凄く大好きで、内定を頂いた(株)アクワイアは、入学した時から働いてみたいsign01と思っていた会社でした。3Dアクションをメインに開発している会社ですので、自分の作品も3Dアクションを制作して、応募作品として提出しました。作品と共に独自で制作した自己PR冊子を好評価していただき、内定を頂くことができました。自分を売り込むためには常識や型に囚われないということが大事だと、就職活動を通じて強く感じました。また、学校では、設備・機材を24時間使用できるので、授業終了後に課題制作を行いました。同級生が頑張っている姿を見ると自分も頑張ろうsign01と思えたので、自分の刺激にもなり、内定に直結したのではないかと思っています。ゲーム業界を目指す人全員に言えることは、とにかく色々なものを見たり、経験をすることで、自分の引き出しを増やすことが大切だと思います。授業で学んだ事を糧にし、何事にも積極的に取り組んでいき、今後も頑張っていきたいと思います。

fullmoon人気のアニメ「ラーゼフォン」を制作する会社に決定fullmoon

P4_03_2

 競争率も高く、レベルの高いこの企業で内定を頂けたことは夢のようです。内定の知らせを受けたときには、本当なのかと信じられないくらいに嬉しかったです。内定の決め手になったのは、面接の際に明るく元気よく自分自身をアピールすることができたことです。この学校では先生方が業界で活躍されている先生ばかりなので、就職活動をする上で、ネットや本などでは決して分からないことを、作品制作や面接など全般にわたり、多くのアドバイスや情報を預けたことで万全の準備を整えることが出来たことに感謝しています。特にポートフォリオ制作では具体的に企業がどんな作品を望んでいるか、私の画力を最大に見て頂ける様に指導して下さったことはとても大きな武器となりました。

P4_03_01
fullmoon念願のCM・映画のCG制作会社に決定
将来は海外で活躍したいですfullmoon

P4_04_2_2

 中学生の時、映画「トランスフォーマー」や「ファイナルファンタジー」を観てCGに興味を持ち目指しました。東京の姉妹校で行われた合同企業説明会に参加して、企業担当者から直接仕事内容や社風のお話を聞き、ぜひ応募したいと思いました。この学校の講師の方は、業界で活躍しているプロの方に教えていただけるので作り方だけでなく、業界の現状や、今業界で求められることを教えていただき、とても有意義でした。将来は日本で経験を積んで、海外でCG業界の発展に貢献したいです。P4_04_01
fullmoon夢は自分の名前がブランドのデザイナーになることですfullmoon

P5_01_2

 会社説明会やインターネットを用いて多くの企業を見た中で、私の人柄や性格を仕事に活かせる「個性」を大事にしているこの会社を志望。書類選考(履歴書)から一次選考に進むのがとても大変で、キャリアセンターの先生や担任、講師の先生に幾度も添削していただきました。書き直しは何度もしましたが、そのことでより自分自身のことを確認でき、面接時に自分のことを言葉でもうまく伝える力が養え、入社後に何をしたいのかを明確に伝えられたことが内定につながったと思います。これからの夢は世の中の記憶に残る自分の名前がブランドのデザイナーになることです。

fullmoon夢見ていたデザインというお仕事sign01これからが本当の頑張り所ですsign01fullmoon

P5_02_2

 高校生の時、好きな雑誌を読んでいてデザインという職業に興味を持ちました。表紙や誌面のデザイン、広告のデザインなど、様々なものを私もデザインしてみたいと思ったのがきっかけです。入学後、多くのことを学びながらポートフォリオを制作し企業の方へ見て頂き、多くの意見をいただきました。時には厳しい意見もいただきましたが負けずに制作に励みました。その努力が実り、無事に内定sign01今までの努力が報われたような気がします。そして念願の憧れだったデザインのお仕事をしていきます。今まで学び培ってきた技術やセンスを活かして頑張っていきます。

fullmoon携帯ゲームコンテンツ制作・開発・配信会社でグラフィッカーとして採用決定fullmoon

P5_03_2_2

 自分が大好きな携帯ゲームを作っている会社だったので、学校から紹介された求人に即応募しました。内定を頂けた時はとても嬉しくて、家族もみんなで喜んでくれました。学校ではデッサンなどの基礎を0から学ぶことが出来たことや、自分で作った作品を友人や先生方、また企業の方など、とても多くの人に見てもらい批評して貰うことを通して多くの刺激を受け、描力を上げる良い勉強が出来ました。また、学校ではチームでの作品制作を通し一人ひとりと、しっかりコミュニケーションして制作することの大切さを学ぶことが出来ました。 

fullmoon名作アニメを数多く手掛ける会社でCGクリエーターとして採用決定fullmoon

P5_04_2_2

 就職活動は自分の思った通りではなかったですが、ずっと憧れていた会社に内定を頂けてとても嬉しいです。内定のきっかけは学校で行われた合同企業説明会でした。自分が志望している企業に学校で自分の作ったポートフォリオを見て頂ける機会を頂けたことと、自分のやる気をしっかりアピールできたことです。この学校に入学していなかったら、今回の内定はなかったかも知れません。また学校では最高の仲間と尊敬できる先生方に出会えたことも大きな糧となっています。 就職活動は自分の思った通りではなかったですが、ずっと憧れていた会社に内定を頂けてとても大きな糧となっています。

fullmoon大手広告会社にグラフィックデザイナーとして内定決定fullmoon

P5_05_2_2

 昔から、絵を描くことが好きで、将来はイラストレーターを目指していました。入学してからは、色々な技術を習得し、デザインの魅力にますますはまっていきました。同時に、グラフィックデザイナーとして将来活躍したい気持ちが大きくなり、転専攻をしました。合同企業説明会では、業界の方から直接アドバイスを頂けるので、自分自身の作品制作にも自身がつきました。数社の企業の方々ともお話できるので、受け答えする力もつき、コミュニケーション能力がみるみるうちに成長していくのが分かりました。また、学校の色々なイベントにも自ら進んで参加し、常に何事にもポジティブに取り組んでいけたのが内定に直結した理由のひとつです。

fullmoonきっかけは学校での企業説明会sign01作品を見ていただき内定へsign01fullmoon

P5_06_2

 2年後期から就活用に先生と共に一心不乱に3Dゲームの作品制作を何本も行いました。アドバイスを頂戴しながら作品作りを進め、形に出来た時は一つの達成感を味わうことができました。その達成感が自信となり、「イースマイル」企業説明会の後でのプレゼンテーションの場では上手く作品の説明とアピールができました。その結果、最終面接に進み無事に内定sign01ゲーム業界で働くことが私の夢でした。夢を叶えるために夢中で作品を作り続けてきたことが今回の結果につながったと思います。今後クリエーターとして更なる高みを目指し頑張ります。 

|

世界トップレベルのクリエーターから学ぶ!海外研修 in ロサンゼルス

10/8(月)~15(月)[クリエイティブ マンガ・コミックイラスト・ライトノベル・小説作家系コース]
10/9(火)~16(火)[ゲーム・CGデザイン系コース]

shine第一線で活躍するクリエーターたちと触れ、グローバルな
センスを磨き・夢をつかむヒントを見つけるプログラムが満載
sign01

プロのクリエーターを目指すためには、世界を知ることが大切です。アメリカ・ロサンゼルスまたは、イタリア・ミラノやフランス・パリで専門性を高め視野を広げることを目的とした「海外実学研修」があります。今回のアメリカ・ロサンゼルスの研修では、各専攻に別れアーティストの制作スタジオの訪問やデザイン会社でのワークショップなど、最先端の業界の現場を体験することができます。優れたクリエーターとの出会いや世界のアートに直接触れ、学生たちのこれからの作品づくりに大きな影響を与えることでしょう。

P6_01


P6_02


P6_03


P6_04


P6_05


P6_06


P6_07


P6_08

|

特別講義

ヨーロッパ最大のデザイン学院ダイレクターから聞く
fullmoonクリエーターに必要な力とは?fullmoon

 10月19日IED(ヨーロッパデザイン学院)のダイレクター、マッテオ・バティストンさんをお招きして特別講義を実施しました。
 マッテオ先生は、IEDにてコカ・コーラやモトローラ、イケア、ディズニーなど世界の主要企業の戦略的広報、ブランド・プロジェクトに関わる全ての活動に従事されています。そんなマッテオ先生からクリエーターを目指す学生たちに向けての講義は、IEDの学校紹介はもちろんのこと、彼らをとりまくインターネット環境から、よりよいものを産み出すヒントに渡るまでお話しくださいました。
 最後に将来デザイナーを目指す学生たちに、相対性理論を発表したアインシュタイ
ンは27歳の時、アップルを立ち上げたのはスティーブ・ジョブスが21歳の時、ニュートンが重力理論を発表したのは24歳の時、世界の偉人が何かをなしえた年齢はいつも20代だったことを紹介した上で、これから学生たちは何かをなしえることが出来る大きな可能性を秘めている時期であることをお話しくださり、学生たちの創作意欲が刺激された一日となりました。

P7_01_02
schoolIED(the Instituto Europeo di Desaign) ヨーロッパデザイン学院school
本校の海外提携校でもあるInstituto Europeo di Design(IED)は1966年に創立されたデザイン学校で、ヨーロッパでも有数の学校として知られています。常に最先端の方法論で各分野の先頭に立つプロフェッショナル達を育て続けています。プロとして自分だけのスタイルを確立していくことを目指しています。

P7_01_01


「ルパン」「もやしもん」のアニメ会社に学ぶ
fullmoonアニメーション撮影特別講義fullmoon

P7_02_01
 10月11日、株式会社テレコムアニメーションフィルム(以下テレコム)の光石奈歩様をお招きし、アニメーション制作の「撮影」についての特別講義を行いました。テレコムと言えば『ルパン三世 カリオストロの城』『じゃりン子チエ』『リルぷりっ』『もやしもん』など錚々たる人気アニメを制作しているアニメーション制作会社。今回はそのテレコムの撮影をご担当されている光石様からテレコムの自社作品を参考に「撮影」の基本であるカメラワークや効果などの講習をしていただきました。アニメーション制作の撮影は「撮影」といってもカメラは使いません。映像加工用のソフト等を使って着色された作画データ、背景データを合成して映像を完成させるのが「撮影」です。学生たちは視聴者として観ている作品が出来上がる工程を現役のプロから教われるという事で、率先してメモpencilを取り、プロの技術には驚きの声があがり、時には笑いを交えるなど、和やかな雰囲気で授業は行われました。
 撮影は未経験の学生達にとってプロの撮影技術はとても新鮮のようでした。今ははまだ将来と結び付かないかもしれませんが、今後、この講義を自分達の作品に生かし、撮影という仕事がアニメ業界に進む際、選択の1つになることを期待しますhappy01

P7_02_02
building株式会社テレコムアニメーションフィルムbuilding
1975年創設。『ルパン三世 カリオストロの城』「名探偵ホームズ』『じゃりン子チエ』『もやしもん』などが代表作。かつては宮崎駿氏、高畑勲氏が在籍していた。

売れるマンガ原作の秘訣とは?
fullmoon『電撃コミックジャパン』編集部特別講義&出張編集部fullmoon

出張編集部で2名が担当付きにshine

P7_03_01

 9月21日、WEB(PC)やスマートフォンで閲覧できるデジタルコミック誌『電撃コミックジャパン』編集部の市倉稔氏より「マンガ原作の制作」について特別講義を行っていただきました。
 学生にとっては貴重な機会という事で、マンガ原作に対してより高い知識や制作についてのポイントなどのお話に学生は真剣に耳earを傾けていました。
 特別講義の後は「出張編集部(作品添削会)」も開催。通常、制作した作品は自ら編集部に出向いて持ち込み売り込みますが、「出張編集部(作品添削会)」は逆に編集部が来校し作品添削を行うシステム。一人ひとりの作品を見ていただき、良い作品になるためのアドバイスをいただきました。今回の出張編集部ではなんと2名も担当付きとなりデビューを目指すことになりました。
 文章業界には様々なお仕事がありますが、そのひとつとしてのプロの「マンガ原作者」が近い将来本校から生まれることを大いに期待しています。

P7_03_02
building『電撃コミックジャパン』building
コンテンツ・プロデュース・カンパニーと称する株式会社アスキー・メディアワークスから発行されているデジタルコミック誌。毎月25日発売。

|

卒業生 デビュー・連載・出版速報!!

shine話題のライトノベル作品第2弾が発売にsign01
「雪の翼のフリージア」
松山剛著/ヒラサト画

在学中に「雨の日のアイリス(松山剛著)」のイラストを手掛けデビューを飾ったヒラサトさんの第2弾が9月10日に発売になりました。作品タイトルは「雪の翼のフリージア」 前回同様、松山剛先生が手がけた作品です。是非ご一読くださいnotes

P8_01_01_3

shine最強ジャンプにて大好評連載中sign01グルメ学園トリコ第2巻発売sign01
「グルメ学園トリコ」
水元あきつぐ

卒業生水元あきつぐさんが2010年12月より、最強ジャンプで連載中の『グルメ学園トリコ』。11月2日に第2巻が発売になります。本編とはまたちがった「グルメ学園トリコ」をお楽しみにsign01同日に最強ジャンプ秋号も発売されますhappy01

P8_01_02

shineヤングエースにて好評連載中sign01卒業生の単行本が発売にsign01
「恋愛しませんか?」
タチバナ ロク

現在角川書店から発行されているヤングエースにて連載中の「タチバナ ロク」さんの最新刊が発売になりました。もちろん連載も継続中。可愛いイラストで胸がキュンheart04となるストーリーにあなたもドキドキheart02できるはずsign01是非お買い求めください。

P8_01_03

|

交換留学 フランスから素敵な3人が来日!

 滋慶学園COMグループが提携しているフランスのschoolストレートカレッジschoolから交換留学でフランスから素敵な3名が来日しました。Marc(マーク)、Felix(フェリックス)、Jade(ジェイド)の3名。その3名の歓迎会を兼ねたハロウィンパーティーが10月31日に実施されました。
 準備から当日の運営はスチューデント・サポート・デスクの学生たちが主体となり開催されたこのパーティには、100名近い在校生たちが集合しました。「お菓子交換会」や「仮装コンテスト」などで大盛り上がりの一日でした。
 これから彼らは在校生たちと一緒に、「アニメ」「マンガ」「ゲーム」の授業などに参加していきます。3ヶ月の学校生活でたくさんの刺激を受けて留学生活を楽しんで欲しいと思います。きっと、3人に、刺激される在校生もとても多いでしょう。今後の3人にご期待下さいsign01

P8_02_01

P8_02_02_2

schoolストレートカレッジschool
1993年創立。フランスのパリにあるストレートカレッジは世界有数のインダストリアルデザインの学校として名高い。数多くの有名企業とのタイアップによりこれまでに1000を超えるプロジェクトを成功させた。ビジネスウィーク誌において、世界で優秀なトップ60に入るデザイン学校として紹介された。

|

2012年10月19日 (金)

資生堂を代表するエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター渋谷克彦氏が学生に熱く語る!!「資生堂の美の世界」

原研哉、佐藤可士和など有名クリエーターを輩出した第14回亀倉雄策賞受賞sign01
資生堂を代表するエグゼクティブ・クリエイティブディレクター 渋谷克彦氏が学生に熱く語るsign03
shine資生堂の美の世界shine

※亀倉雄策賞とは?
社団法人日本グラフィックデザイナー協会が行う、昨年最も優れた作品に贈られる賞。

P01_01

 資生堂の作りだす美の世界には、継承と革新を繰り返してきた歴史があります。そんな資生堂のエグゼクティブディレクターからクリエーターに必要なことを教われるまたとないチャンスとあって夏休みにも関わらず、会場には100名近い在校生が大集合。講師としてご来校いただいたのは資生堂宣伝部エグゼクティブクリエーティブディレクター澁谷克彦先生。日ごろのお仕事について色んな角度でお話くださいました。
 講義中は先生の作品はもちろん、ワークショップなどもあり学生達は大盛り上りhappy02の講義となりました。
 先生は、これからクリエーターを目指す学生達に「自分の直感を信じて欲しい。自分のやりたいことは必ず自分の中にあります。」とエールloveletterを送って下さいました。

P01_02

|

業界の最先端で活躍するトップクリエーターが直接指導!特別講義

fullmoon人気キャラクター「リラックマ」の商品企画を手掛けるキャラクターグッズデザイナーfullmoon
キャラクターグッズデザイナー 藤重晴乃氏

姉妹校のグラフィックデザイン専攻を卒業し現在は、(株)クリアワンでリラックマなど数々のキャラクターグッズデザインを手掛ける藤重晴乃氏にお越しいただき特別講義を行いました。
 講義の前半は藤重氏が在校中に関わった企業プロジェクトの経験が仕事に活かされたことなど、学生時代の課題への取り組みの大切さを語っていただきました。後半は、「新商品企画」をテーマに学生たちがリラックマの新しい商品を考えてデザインをする授業を行いました。学生の商品デザインの中にはユニークな作品もあり、藤重氏も感心されていました。キャラクターの商品開発が身近に感じた学生も多く、業界を目指す学生たちにとって刺激になった講義となりました。

P02_01_3

P02_01_02_2 藤重春乃氏【プロフィール】
(株)クリアワンでキャラクターグッズやぬいぐるみの商品企画を担当。企画からデザイン・プレゼンテーションと、キャラクターのトータルプロデュースを手掛けている。

 

fullmoon「ドラクエⅢ」や「ファミスタ」など数々の大ヒットゲームを
手掛けたクリエーター木村宏之氏による「成功への秘訣」を学ぶfullmoon

クリエーター 木村宏之氏

P02_02_02
大ヒット作「ドラゴンクエストⅢ」や「ファミリースタジアム」など数々のゲームプログラミングやシステム開発を手掛けるクリエーター木村宏之氏にお越しいただき、特別講義を行ないました。
 木村氏が初めてパソコンに出会ったのは小学生の時。その後、中学生のとき雑誌にプログラムソース投稿し、高校生のときにはアルバイトでプログラマーの仕事もするなど、早くからIT業界に関わってこられました。専門学生の時には、毎日1本はプログラムを制作し、その中からヒット作となったゲームが生まれたことや、ゲーム業界の求める人物像、在校中に身につけておくべきことを分かりやすくユーモアある話に、学生たちも引き込まれていました。ゲーム業界を目指す学生たちに、「とにかく作品を沢山作り、作品は世の中に見せていき自分を売り込むことが大切です。」と熱く語っていただきました。

P02_02_01pencil木村宏之氏【プロフィール】
「ドラゴンクエストⅢ」「ファミリースタジアム」など数々のゲームタイトルの開発を手がけ、その後もIT企業にてプログラマー・システムの企画、立ち上げや運営、管理も携わる。

 

fullmoonモバゲータウンにおいて総閲覧数3000万を突破した「王様ゲーム」を手掛ける小説家来校sign01fullmoon
人気携帯小説「王様ゲーム」を手掛けた金沢信明氏

P02_02
8月25日TCAでは携帯向けSNSで総閲覧数3,000万を超えた人気の携帯小説「王様ゲーム」の原作を手掛けた金沢信明先生に来校して頂き、業界特別レッスンを実施して頂きました。「王様ゲーム」は書籍化された後も30万部以上を発行、さらにマンガやゲーム、なんと映画化もされている大人気の作品なんです。講義中は、王様のゲームの裏話はもちろん、小説を書くときに気をつけていることやユーザーにとって読みやすくスムーズに受け入れてもらうためにどうしたら良いかなど勉強になる話を沢山して頂きました。
 中でも、お話しづくりでは「限られた文字数でどれだけ伝えるかが勝負なので、タイトルと見出しには気を付けていて、それで目立ったのかなとは思います。交流のある他の小説家の方も、見出しが書けなかったり、たった数ページに力を込めることができないと、読ませる力がないと言っていますよ。」と学生たちにアドバイスくださったことは今後の創作活動にすぐにでも活かしていけそうです。

pencil金沢信明氏【プロフィール】
1982年広島県生まれ、IT系の仕事に就くかたわら趣味で小説を書き始める。デビュー作の『王様ゲーム』が10-20代を中心に爆発的な人気となり、映画化もされた。小説、コミックの累計部数は380万部を突破している。

 

fullmoon公開前の劇場版「放課後ミッドナイターズ」のメイキング授業開催sign01fullmoon
モンブラン・ピクチャーズ(株)の代表取締役 竹清氏・田中氏

7月28日(土)、映像系専攻の学生を対象に、映像で世の中をエンターテインメントする映像制作会社、モンブラン・ピクチャーズ株式会社の代表取締役 竹清氏・田中氏にご来校頂き、公開前の劇場版「放課後ミッドナイターズ」のメイキング授業が開催されました。同映画は、3DCGによるキャラクターアニメーションを軸とし、完成前のパイロット版を見た海外映画関係者の間で、国籍不明の独創性が話題を呼び、オリジナル企画としては異例の5ヶ国同時公開が決定した作品です。
 講義では、公開前のメイキング映像を見せていただき、作品がどのように制作されたかの制作工程をお話していただきました。また、これから映像業界を目指す学生へ、今現在できることや、それに対しての心構え・心がけなど、日常では知ることのできない事をたくさん教えて頂きました。学生達自身、今後の作品制作にむけてのモチベーションがさらにアップしたのではないでしょうか。

P02_04
pencil【放課後ミッドナイターズ】
夜な夜な動き出す理科室の人体模型を主人公に、真夜中の学校で巻き起こる一夜の大騒動を描く、長編ファンタジーアニメ。

 

fullmoon日本を代表するCMクリエーターから聞く広告制作の秘訣とは?fullmoon
東北新社取締役 中島信也氏

P03_01_2
 現在業界で活躍するトップクリエーターから直接話をうかがえる業界特別講義の講師として、数々の有名CMを手掛けた「中島信也」氏が来校されました。
 中島信也氏は業界を代表するCMクリエーターです。普段学生たちが目にするCMの制作秘話から、懐かしいCMまで先生が手がけた作品を見ながら、「見る人を思いやる作品作り」の大切さをお話しくださいました。
 先生のお話に引き込まれた学生たちは、制作に必要な心構えはもちろんのこと、先生のプレゼンテーションに感嘆するばかり。学生たちにとってとても貴重な一日となりました。

pencil中島信也氏【プロフィール】
1959年福岡生まれ大阪育ち。多くのCM演出を手掛ける一方で東北新社取締役を務める。1983年「ナショナル換気扇」で演出デビュー。その後デジタル技術を駆使した娯楽性の高いCMで数々の広告賞を受賞。主な作品に、日清カップヌードル「hungry?」(1993年カンヌ広告祭グランプリ)、サントリー「燃焼系アミノ式」(2003年ACCグランプリ)、サントリー「伊右衛門」(2005年ADCグランプリ)資生堂「新しい私」になって(2007年度ADC会員賞)NTTドコモ「渡辺謙シリーズ」などがある。2010年劇場用映画「矢島美容室 the movie」を監督

 

fullmoon人気アニメを手掛けるクリエーターが語る「アニメ業界が求める人材とはsign03fullmoon
アニメーション業界 奥田誠治氏×渡辺純央氏

「NARUTOーナルトー」や「ルパン三世」などのアニメーション演出家・監督として長年、第一線でご活躍されている奥田誠治氏と、「ONE PIECE」や「るろうに剣心」などの演出家・作画監督を手がける渡辺純央氏の、アニメーション業界でご活躍されているお二人をお招きして、特別講義が行われました。ご活躍中のお二人から、「業界の求める人材になるためにはどうすればいいのか」をお話いただきました。奥田氏からは、ご自身が海外で活動したときの体験をお話され、「これからは海外に目を向けるべき。」「アニメを観ているだけでは良いアニメは作れないので、多くの教養を身に付けることが大切です。」と学生たちの向け語っていただきました。

P03__02_02奥田誠治氏【プロフィール】
『鉄人28号』にてアニメ業界へ入り、TCJ、タツノコプロ、アートフレッシュを経てフリーとなる。「NARUTO-ナルト-」や「ルパン三世」など数々のアニメ演出を手掛ける。作画、演出、小説執筆、専門学校講師など多岐に渡る。

P03_02_03_2渡辺純央氏【プロフィール】
アニメーション作画・演出家。アニメ「ONE PIECE」や劇場版「パトレイバー」「犬夜叉」「うる星やつら」など、数々のアニメ演出・作画監督を手掛ける。

 

fullmoonゲーム・映像だけじゃない3DCGは「医療業界」でもひっぱりだこsign01fullmoon
(株)ボーンデジタル主催 新倉寛明氏・山口聡氏

P03_03
 3DCG技術は、クリエーティブ分野で発展して映画やゲームなどの映像分野では欠かせない技術ですが、最近では建築やアパレルといったエンターテインメント業界以外でも多く活用され、人材を多く必要とされています。そういった中で、今回は医療分野での3DCGの活用と可能性について、東京慈恵会医科大学大学院でCGを用いての医療技術の研究をされている新倉寛明氏に特別講義を行って頂きました。脳動脈瘤破裂予測などに3DCG技術を用いて、患者の治療に役立てるという先端技術の可能性を実際のCG映像を見ながら学びました。また、映画・映像の世界で、限られた時間と予算の中で、映像イメージをまず3DCG絵コンテを制作するという「プリビズ」に関しての需要と可能性について、ACWプリビジュアライゼイション・ディープでプリビズ・スーパーバイザーとして活躍している、山口聡氏に特別講義を行って頂きました。ハリウッドではすでに多くの制作者が取り入れており、制作環境を劇的に変化させ、スタッフの技術力を最大限に引き出し、高いクオリティを引き出すことに成功しているという事例とともに紹介いただきました。学生たちは、自分たちが学んでいる3DCGの世界の新たな可能性に大変熱心に耳earと目eyeを傾けていました。

pencil新倉寛明氏【プロフィール】
長年CG・映像業界に身を置き、現在は東京慈恵会医科大学大学院医学研究科博士課程で脳神経外科学に在籍。脳動脈瘤破裂予測などにCGを用いて、患者の治療に役立てる研究を行っている。

pencil山口聡氏【プロフィール】
ACW previsualization DEEP 代表 / プリビズスーパーバイザー
(株)IMAGICAでの活躍を経て2012年よりフリー。
HP:www.deepsfx.com/ACW_DEEP/

 

fullmoon世界的マーケッターからアイデアの秘訣を学ぶsign03fullmoon
海外教育顧問 カズ・フジタ先生

P03_04
世界的マーケッターのカズ・フジタ先生による特別講義が1年生対象に行われ「アイデアの秘訣」を解りやすくストーリーを交えて教えてくださいました。「アイデアの想像の仕方」→「アイデアとは発想ではなく解決である」→「クリエーティブな考え方」→「最良のアイデア」以上の流れについてマインドマップを利用し、問題の抽出から解決までの方法論を学び、アイデアの生み出し方を学びました。カズ・フジタ先生の学びを得て、学生の成長が更に楽しみ(作品づくりの糧)となる良機となりました。

P03_05pencilカズ・フジタ先生【プロフィール】

国際マーケティング会社IRS社の創立者。マクドナルドやケンタッキーの日本上陸の橋渡しとしてマーケティングの世界で活躍。

|

プロの仕事で“通用する”力を磨く 企業プロジェクト

(株)ゴールドウイン提供プロジェクト
bell「THE NORTH FACE」のブランドプロモーション企画sign03bell

P04_01_2
(株)ゴールドウイン「THE NORTH FACE」様より、「ブランドプロモーション企画」の企業プロジェクトを頂きました。
 今回の企業プロジェクトは、「THE NORTH FACE」ブランドを多くの方に知っていただくためのセールスプロモーション企画(ポスター・パンフレット・WEBサイト・イベント企画・ノベルティデザイン等)に挑戦します。このプロジェクトに取り組むのは、グラフィックデザイン専攻、イラストレーション専攻、WEBデザイン専攻、キャラクターデザイン専攻の3年生が、6つのグループに分かれて作品制作を行います。この作品は、卒業制作として、2月に開催される卒業・進級制作展で発表されます。
 今回の企業プロジェクトのスタートにあたり、東京から、ザ・ノース・フェイス事業部事業部長 森様、アウトドアスタイル事業本部プロモーショングループリーダー 小口様、2名のご担当者様が来校され、オリエンテーションが開催されました。THE NORTH FACEの歴史、商品に対するカテゴリーやこだわり、店舗での見せ方や、また、「NEVER STOP EXPLORING(あくなき探究心)」が会社のスピリットとこだわりだとお話頂きました。12月に予定している最終プレゼンテーションを目標に、学生達はかっこいいグラフィックとみなさんに楽しんでいただけるコミュニケーションツールを精一杯制作していきます。

 

(株)パルコ 提供プロジェクト
bell在校生デザインのビーチサンダルが商品化sign01bell

P04_02

 夏sunの足元の代名詞とも言えるビーチサンダル。今年の夏、福岡パルコに湘南は葉山発のビーチサンダル専門店『げんべい』のショップがオープン。『げんべい』と言えば街場で海に行った気になる、海に行きたくなるコンセプトショップ。その『げんべい』で販売するビーチサンダルのデザイン制作の依頼を本校学生にいただきました。
 各学生が夏sunをテーマに各々にデザインし、全ての作品をパルコのホームページ上で公開。人気投票が行われ、最多得票数を獲得したCG・映像クリエーター専攻の中嶋さんの作品が見事crown商品化crownされました。夏の暑さが和らぐような涼しげなブルーとポップなかわいくてかっこいいアイスクリームのイラストの組み合わせが大好評でしたsign01

 

(株)ワールド「フラクサス」提供プロジェクト
bellアートを通じてこども達の夏の思い出になるイベントを企画・運営し大盛況sign03bell

P04_03
(株)ワールド様が展開するファッション特化型大型ライフスタイルストア「フラクサス」のワールド・プレミアム会員限定向けの「夏休みこどもワークショップ」に、雑貨デザイン・プロダクトデザイン専攻の22名の学生たちが取り組みました。ワークショップでは、子供たちの夏の思い出になるような制作物にチャレンジしていただく企画で、和紙ランプとウォーターボールの制作を行い、会場は大勢の子供たちで満席となり賑わいました。学生たちは、楽しく作ってもらうため数日前からランプの土台になる和紙の張り子やウォーターボールのパーツなど準備をしてきました。当日、学生たちは参加者をサポートし、一緒に制作する喜びで溢れていました。この企業プロジェクトで学んだことを実践する場だけでなく、チームえの運営やイベントの演出などすべてに学びがありました。

 

「金の卵展」開催
bellマンガ・イラスト・小説でデビューを目指す学生たちの展示会「金の卵展」開催しました。bell

P04_04

 7月5日~7月11日まで開催していた「金の卵展」。この展示会では全国で学ぶマンガ家やイラストレーター、小説家を目指す学生たちの作品を一斉に展示します。会期中は400名を超えるお客様にご来場いただきましたhappy01会場では、出版社編集部による作品の添削会なども実施。会期中集英社、講談社、スクウェアエニックスなど15の編集部sign0120社以上の企業様が学生の作品をスカウトするために来場いただき、実際に多くの学生たちが編集部よりお声がけいただきました。当日の運営から展示まで全部学生たちが行ったこの展示会これから、この金の卵shineたちが、デビューに向けてさらなる飛躍を目指します。皆さんお楽しみにsign01

|

«内定速報!